本文へ移動

花と水のタペストリー

現在の絵柄

日本一を誇る立体花壇

■本園を代表する施設「花と水のタペストリー」。宇治市に因んだテーマやキャラクターの絵柄を、幅62m、高さ18mの壮大な雛壇(46段)に、約3,675基のプランターを並べて描きます。

【第103作目 紫式部】
●設置期間:令和6年5月25日(土)から令和6年11月中旬まで(予定)
 
●使用花材:イヌツゲ、ボックスウッド、オカメザサ、ジニア、ベゴニア、コリウス
 
今回の絵柄は「第103作目 紫式部」です。紫式部ゆかりのまち宇治魅力発信プロジェクトの一環として、第11回花と水のタペストリー絵柄公募を行い、宇治市長賞に選ばれた作品です。紫式部の後姿を表現した絵柄になってます。「ジニア」や「コリウス」、「ベゴニア」など入れ替えに伴う花苗は、タキイ種苗株式会社様にご提供していただき、また今回も市民ボランティアの皆様にプランター植え付け作業などをご協力いただきました。多くの皆様のご協力で完成した新しいタペストリーの絵柄を是非お楽しみください!
 

2023年の絵柄

2022年の絵柄

2021年の絵柄

2020年の絵柄

2019年の絵柄

2018年の絵柄

2017年の絵柄

2016年の絵柄

2015年の絵柄

2014年の絵柄

2013年の絵柄

2012年の絵柄

2011年の絵柄

2010年の絵柄

6
1
9
1
7
3
宇治市植物公園
〒611-0031
京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
TEL.0774-39-9387
FAX.0774-39-9388
TOPへ戻る