本文へ移動

花と水のタペストリー

現在の絵柄

日本一を誇る立体花壇

寄付していただいた皆様のおかげでお花でタペストリーをすることができました!

 
■本園を代表する施設「花と水のタペストリー」。宇治市に因んだテーマやキャラクターの絵柄を、幅62m、高さ18mの壮大な雛壇(46段)に、約3,000基のプランターを並べて描きます。
 
【第95作目 ライオン】
 
●設置期間:令和2年6月20日から令和2年11月下旬まで(予定)
 
●使用花材:コリウス❛ハイウェイイエロー❜コリウス❛ハイウェイオレンジ❜ベゴニア❛アンバサダーホワイト❜ベゴニア❛アンバサダーピンク❜イヌツゲ、ボックスウッド、オカメザサ、キャラボク、オタフクナンテン
 
今回の絵柄は老若男女を問わず人気があり、元気がもらえる動物「ライオン」です。百獣の王ライオンの勇ましさ愛らしさ現した絵柄になっております。
 また今回の絵柄更新にかかわる費用は花と水のタペストリー絵柄更新サポーターとして、多くの方々にご寄付をお願いしているものです。
 愛あるたくさんの方にご協力していただいた絵柄になりますので、新しいタペストリーの絵柄を是非お楽しみください。
 
 ※見ごろ予定は7月上旬以降となります。
 
 
是非ご覧ください!
 

2020年の絵柄

2019年の絵柄

2018年の絵柄

2017年の絵柄

2016年の絵柄

2015年の絵柄

2014年の絵柄

2013年の絵柄

2012年の絵柄

2011年の絵柄

2010年の絵柄

TOPへ戻る